オプトアウト

臨床研究・実証事業に関する情報公開(オプトアウト)

 

AMI株式会社(以下「当社」といいます)では、国が定めた「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、臨床研究を行っています。

 

臨床研究の中でも、研究対象者に侵襲がある場合や介入を行う場合は、研究の説明と同意取得を個別に行いますが、通常診療や事業による情報を用いた研究や余った検体のみを用いるような研究については、国が定めた指針に基づき、個別に同意取得を行う必要はありません。しかし、実施している研究の目的や利用する項目等を開示し、拒否の機会を保障することが必要とされています。このような手法を「オプトアウト」と呼びます。

 

当社で実施中または、当社の既存資料や情報を研究機関等に提供して実施されている、人を対象とする医学系研究に関する情報を以下の通り公開します。

 

これらの研究の詳細を希望される方や、協力を希望されない場合は、当社までお知らせください。

 

現在進行中の研究および実証事業

〇超聴診器による生体データ採取 及び 解析

〇遠隔システムを活用した予備健診実施実証事業

 

 

 

令和元年7月16日改訂


AMIへのお問い合わせはこちらからお寄せください。